津軽昆虫同好会

tsukon.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:会からお知らせ( 8 )

シンポジウム開催のお知らせ


d0344888_10052829.png
  今度の金曜日、3月4日に弘前大学において、シンポジウム「自然史情報と市民研究家の活躍」を実施します。津昆のような同好会やそこに加わっている市民研究家がこれまで果たしてきた役割、これから期待される役割などについて、他県の博物館学芸員や、津昆会員でもある大八木昭さんらにご講演いただきます。
  事前の登録や申し込みは不要、参加自由ですので、是非ご参加ください。シンポジウムの後、簡単な懇親会も予定しております。

[PR]
by celastrina | 2016-03-01 10:10 | 会からお知らせ | Comments(1)

12月の例会

12月の例会は19日(土)午後1時から 
会場はいつもと同じ弘前大学コラボ弘大6階「白神自然環境研究所分室」です。

お時間のある方は是非どうぞ。



[PR]
by celastrina | 2015-11-30 13:28 | 会からお知らせ | Comments(0)

11月の例会。at 弘前大学/白神研。

11月14日。久しぶりの例会が開催されました(久しぶりなのを「例会』というのかな?)
 場所は弘前大学コラボ弘大6階の白神研究室。参加者は8人。学生たちが別の行事で参加できなかったようですが、まぁ、こんなところでしょう。
 忠さん持参の美しすぎるスカシバコレクション。弘前大学構内で採集された甲虫標本。ピンセットの話題。などで大いに盛り上がりました。このブログも話題に上がり、無事”公認”ということで。

 次回は12月19日(土曜日)午後1時から、会場は同じ弘前大学コラボ弘大6階の白神研究所です。
d0344888_21441077.jpg
d0344888_21434685.jpg



[PR]
by celastrina | 2015-11-14 21:51 | 会からお知らせ | Comments(0)

Celastrina No. 50は間もなく発送

d0344888_23331824.jpg
お待たせしました。会誌『Celastrina』の記念すべき第50号が印刷屋から上がってきたようです。間もなく会員の皆様のお手元に届きます。
あれ?表紙のロゴが少し小さいような?私の指定間違いかな?
コンテンツは以下の通り

Celastrina 50 (Oct., 2015)
 白神山地における昆虫相調査のこれまで ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中村 剛之 1

象鼻虫ノート 1 — 東北のホソクチゾウムシ科の不明種について — ・・・・・ ・・ 佐藤 隆志 9

弘前市でのキタキチョウの記録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 若林 壱弥・中村 剛之 12

オオムラサキ雑記 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小舘 昭示 13

2014年の八甲田山萱野高原でのアオカタビロオサムシについて ・・・・・・・・・・ 上原 一恭 17

青森県におけるヒメシジミの記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上原 一恭 19

青森市東岳林道におけるアオカタビロオサムシの記録 ・・・・・・・・・・・・・・・ 上原 一恭 19

2014年の八甲田山周辺におけるヤンコウスキーキリガの発生について ・・・・・・ 上原 一恭 20

ネジレバネに寄生されたヒメスズメバチ♂を青森市で採集 ・・・・・・・・・・・・ 市田 忠夫 23

2015年の青森市及び平内町のヒメギフチョウについて ・・・・・・・・・・・・・・・ 上原 一恭 24

青森県におけるミヤマキシタバの記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上原 一恭 25

岩手県の春季のトンボ数種について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 幸田 洋平 26

青森県南から岩手県北にかけてのタイリクアカネの記録 ・・・・・・・・・・・・・・ 幸田 洋平 28

弘前市西郊でみられたアカシジミの異常大発生 2013〜2014年 ・・・・・・・・ 工藤 周二 29

青森県から初記録となるイソハサミムシの採集例 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中村 剛之 34

タマバエによる青森県産虫こぶの記録(第1報) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 市田 忠夫 35

青森県で確認されたフトモンコスカシバについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 工藤 忠 42

青森県日本海側のヤマトシジミ

  -発見された2000年から確認例が皆無となった2014年まで- ・・・・・・・・・ 工藤 忠 45

青森県におけるゴホンダイコクコガネの記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上原 一恭 49

6月下旬のヒゲナガカミキリの記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上原 一恭 49

青森のカワゲラ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 吉成 暁・村上 義千代 50


Celastrinaバックナンバーについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 58

津軽昆虫同好会ブログ開設 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 58





[PR]
by celastrina | 2015-10-28 23:37 | 会からお知らせ | Comments(0)

冬の集会

虫も虫屋もシーズンオフ。冬ごもりに入る頃ですが、この季節だけでも月に1回、集会(月例会)を開きたいと思います。

会場は弘前大学(文京キャンパス)コラボ弘大6階の白神研自然情報室です。

特に議題がある訳でもありませんので、虫の標本でも見ながら,あるいは、美味しいコーヒーとお菓子をつまみながら楽しい時間をすごしましょう。

11月14日(土) 13時から
12月19日(土) 13時から

弘前大学では土曜日はキャンパスのゲートが開いているので、自由に自動車で入構できます。
ご参加お待ちしております。

中村剛之

[PR]
by celastrina | 2015-10-26 14:44 | 会からお知らせ | Comments(0)

津軽昆虫同好会収蔵文献の利用

津軽昆虫同好会では会誌”Celastrina“との交換などで収集した昆虫/自然誌関連の雑誌、文献資料を管理しています。
現在、弘前大学白神自然環境研究所の中に専用の棚を設け,少しづつ整理を進めております。

この文献は会員皆の財産ですので会員の方には閲覧して頂くことができます。
整理がつき次第、どのような文献があるか(あるいは欠けているか)このブログの「文献収集カテゴリ」で紹介いたします。

[PR]
by celastrina | 2015-10-20 08:45 | 会からお知らせ | Comments(0)

Celastrinaのバックナンバーについて(20151019)

Celastrinaバックナンバーについて
 会誌Celastrinaのバックナンバー価格ならびに在庫状況は下記のとおりです.
 絶版の号や在庫の少ない号が増えつつありますので,お持ちでない号は早めに
手配なさることをおすすめします.なお,バックナンバーの販売は南陽堂書店お
よび昆虫文献六本脚にお任せしています.会からは購入できませんので,南陽堂
書店・昆虫文献六本脚へご発注くださるようお願いいたします.

No. 3(1979年12月;4+17ページ) 750円
No. 4(1980年4月;4+44ページ) 1000円
No. 5(1980年8月;4+22ページ) 750円
No. 6(1980年12月;22ページ)    750円
No. 7(1981年3月;10+24ページ) 1000円
No. 8(1981年10月;4+28ページ) 1000円
No. 9(1982年10月;2+52ページ) 1100円
No. 10(1982年12月;4+36ページ) 1100円
No. 11(1983年4月;4+52ページ) 1300円
No. 12(1983年12月;32ページ) 1000円
No. 13(1984年4月;42ページ)    1200円
No. 14(1984年12月;34ページ) 1200円
No. 19(1987年5月;46ページ)  1400円
No. 20(1988年4月;164ページ) 2800円
No. 21(1988年6月;40ページ)  1400円
No. 22(1989年2月;48ページ)   1400円
No. 23(1989年6月;50ページ)  1400円
No. 24(1990年2月;60ページ)  1600円
No. 28(1993年5月;76ページ)  2800円
No. 29(1994年5月;70ページ)  2800円
No. 32(1997年5月;52ページ)  2500円
No. 33(1998年5月;112ページ) 3000円
No. 34(1999年6月;80ページ)    2800円
No. 36(2001年6月;94ページ)    3000円
No. 37(2002年6月;106ページ) 3000円
No. 38(2003年6月;96ページ)    3000円
No. 39(2004年7月;92ページ) 3000円
No. 40(2005年6月;74ページ)    3000円
No. 41(2006年7月;42ページ)    2000円
No. 42(2007年7月;56ページ)    2000円
No. 43(2008年7月;90ページ)   3000円
No. 44(2009年7月;86ページ) 3000円
No. 45(2010年7月;50ページ) 2000円
No. 46(2011年7月;46ページ) 2000円
No. 47(2012年6月;106ページ) 3000円
No. 48(2013年8月;64ページ) 2800円
No. 49(2014年9月;66ページ) 3000円
Nos. 1〜2, 15〜18, 25〜26, 27, 30〜31,35は絶版品切れです.

ご注文は下記まで
〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目 南陽堂書店
 Tel: 011-716-7537, Fax: 011-716-5562 URL: http;//www.nanyodo.net/ 
 e-mail: nanyodo@rio.odn.ne.jp

〒102-0075 東京都千代田区三番町24−3三番町ビル3階 昆虫文献 六本脚
 Tel & Fax: 03-5625-6484 URL: http;//kawamo.co.jp/roppon-ashi/ 
 e-mail: ropppon-ashi@kawamo.co.jp


[PR]
by celastrina | 2015-10-19 17:31 | 会からお知らせ | Comments(0)

Celastrina投稿規定

会誌への投稿は最近発行の号に掲載されている報文の形態を参照して頂くのが最も手っ取り早いですが,詳しくは以下を参照願います。

採集データ、写真などを送って「編集部で報文にしてください」というタイプの投稿はお断りします。


Celastrina 投稿規定

○津軽昆虫同好会員は会誌 Celastrina および連絡誌 Tsugaru-Konchu に投稿できる.

○共著の場合,共著者に会員が含まれればよく,筆頭者が会員であることを要しない.

○編集部の判断により,会員外からの原稿も受理または依頼することがある.

○原稿のテーマとして,青森県を中心とする北日本の昆虫に関するものを歓迎する.昆虫以外でも,当該地域の陸生節足動物に関するものは受理する.

○原稿は冗長を避け簡潔に記載する.

○英文のタイトル・摘要等を任意で加えることができる.ただし,編集部では校閲不可能なので,著者の責任において原稿

を作成する.
○句読点は「,」および「.」を使用する.

原稿の最後に共著者全員のひらがな著者名と住所(郵便番号含む)を記載する.

○引用文献の形式は任意であるが,同一の著作内では一定とする.配列は著者名のアルファベット順とするのが一般的である.

○採集データ等の記載方法も任意であり,誤解のないよう記載する.

原稿の字句・表現は編集部の判断で,事前の了解を得ず変更することがある.

○短報以外は著者校正を行うので,共著であって校正者が筆頭者でない場合は,投稿時に申し出る.

○電子ファイルによる投稿であっても,編集部による字句等の変更,編集作業上の人為的ミスなどがあるので,丁寧に校正する.

○編集部変更に抗弁がある場合は校正時に行い,協議とするが,理由に相当の合理性が認められない場合は,著者意見あるいは原稿受理そのものを却下する場合がある.

写真がある場合は,なるべく電子ファイルとする.プリントの場合,余白のカットなどは行わず,プリントされたサイズのまま送る.プリントで番号,上下の指示等がある場合は裏面中央に記す.写真の説明は原稿の末尾など別紙にまとめる.


以上の他,電子ファイルによる投稿の場合は,以下の諸点に留意する.様式の変更は編集段階でソフト的に行うため,投稿ファイルで事前に処理されていると,逆に解除してから編集しなければならず,編集作業の負担となる.

○段落の最初は全角スペース1個を入れる.半角2個での代用は不可.行末に余計なスペースが入っていないか注意する.

本文・文献欄にかかわらずインデント・段組等の処理はおこなってはならない.特に文献欄2行目以下の頭下げをスペースの挿入によって行うのは禁忌.

○太字・アンダーライン等の文字の装飾は行わない.

○数字・アルファベットなどは原則半角,ただし1個のみの場合は全角.

○括弧,句読点のバイト数はその前後に合わせる.したがって,基本的には本文中では全角,欧文中では半角となる.

○全角ローマ数字,○付き数字などの機種依存的文字は使わない.

○原稿・写真等の電子ファイルは,CDまたはメールにより投稿する.メールアドレスは問い合わせられたい.

○文字原稿は,ワード,一太郎,テキスト等で作成したものを送る.写真の送付は JPEG 形式が望ましい.なお,写真ファイルは任意の縦横比にトリミングしてもよい.

○レイアウトの希望を示すため,図表を貼り付けた原稿を送ってもよいが,その場合には必ず,文字のみの本文原稿,図表・

 写真のファイルも送る.特に図表・写真に文字を書き込んでいる場合は,文字を書き込む前のファイルも必ず送る.

原稿送付先:〒 036-8561 弘前市文京町3番地 弘前大学白神自然環境研究所 中村剛之

            電話 0172-39-3707 craneflyheaven@ybb.ne.jp


[PR]
by celastrina | 2015-10-18 21:34 | 会からお知らせ | Comments(0)

津軽昆虫同好会々員のためのブログです。会員の皆さんへの連絡、情報発信の場としたいと思います。管理人は会誌「Celastrina」編集担当、中村剛之@弘前大学です。


by celastrina
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite